ナチュビジ、ついに始動!

ナチュラルビジネス勉強会、 昨日、無事に終了いたしました。 いろいろ再始動。

広告

夏至に願う会、最高でした。-たまたまcalling実況(12)

夏至に願う会、最高でした。   一緒にひとときの旅行に出かけたような、 そんな気分になりました。 「船の上でまた会いましょう!」 を合言葉に、会を閉めました。 参加してくださった皆さん、 そして、 スピリット参加を表明してくださった皆さま、 本当にありがとうございました!

夏至(前日)に答えておきたい質問-内容丸ごとシェアの巻

昨日行わせていただいた、 「夏至前日に答えておきたい質問Live」 大満足で終了しました(>▽<) 唐突に企画したけれど、 自分で思っていたよりも、 なんか良さげなものができたので、 シェアします* 夏至じゃなくても、 この時期に答えておくと、 とっても良いと思うので、 もし良かったら、取り組んでみてください(^^)

前髪を切りすぎて旦那に爆笑された件-たまたまcalling実況(11)

前髪切りすぎた。(笑) 前髪が目に入る長さになっちゃってて、 目が痒くて痒くて、 めっぱ(ものもらい)になりかけていたので、 切りたい!と思ったので、朝の出勤前の時間がない中で、 てやー って、勢いで切っちゃった。

今、ちゃんと呼吸してる?-たまたまcalling(10)

自分らしいリズムを、未だに探し続けています。 きっとそれは、 呼吸のリズム。 力を入れずに、 ゆったり呼吸できるような、 きっとそんなリズム。

宇宙っていう、この壮大な時計を視覚化したい欲求。-たまたまcalling実況(9)

宇宙っていう、この壮大な時計を視覚化したい欲求。-たまたまcalling実況(9) マヤ暦の13日のリズムと 地球暦の月のリズムと 生命の樹の22日のリズム(タロット) を、合わせたカレンダーを見てみたい。 その3つの歯車が、 同時に動いていくのを見てみたい。 そして、 それを眺めながら暮らしてみたい。 そんな妄想を、 最近ずっと、ずっとしていて…。

ポンコツのおかげ-たまたまcalling実況(8)

もしも、 世の中に、ポンコツが一人も存在しなかったとしたら。 全員が、指示をきっかり守れて、 全員が物分りが良くて、 全員が遅刻も忘れ物もしなくて、 全員が完璧だったとしたら。 「許す」も「余裕」も「まぁいいか」も「なんとかなる」も 必要がない世界になってしまう。 それをできる心を育む要素も、 出来事も、 起こらない世界になってしまう。 それは、とてもスムーズで効率の良い世界ではあるかもしれないけれど、 果たして、自分や人に優しい世界だろうか?

ポンコツは世界を救う。-たまたまcalling実況(7)

「ポンコツは世界を救う」。 私は、ポンコツでも成功して幸せになっちゃってる、実例になる。 私が、私らしく幸せになる。 それだけで、 きっと、誰かに必要なものが届くはず。 いろんなところに届くはず。 私は、ポンコツなままでいい。 ポンコツなままでいることが、 私がこの形で生まれてきて、生きている理由。

自由になぁれ、豊かになぁれ。-たまたまcalling実況(6)

私にできることは、 自らの内面を満たすこと。   私が満たされていることで 隣の人が満ちてゆく。   だから 豊かになっていい。   だから、 自由になっていい。   みんなみんな 自由になあれ。 豊かになあれ。   私が豊かで在ることが 私が自由で在ることが   世界を豊かにしてゆくのだ。       だから、 自らの内面を見つめよう。 自らを満たしてゆこう。 豊かになっていいんだ。       内面の反映が、外面なのだから。

そんなチームで、私は在りたい。-たまたまcalling実況(5)

「私は、どんなチームをつくりたいの?」 と、自分に問いかけた時に出てきた答えは、 ずっと、揺るがない自分の信念だった。 「誰もが、そのままで、居られる場所。 どんな時も、どんな状態でも、 調子が良くても悪くても、 そのままで在ることを、 受け入れてもらえる場所。」   私が作りたいチームって、   何が起きても、 チームメイトがどんな状態でも、 どんな在り方でも、 許される、そのままで在っていい、 そんなチーム。   じゃあ、何も恐れることはない。